81年生まれが投資による資産運用を真剣に考える

市場でもがく一個人投資家のリアル、お伝えします。月1で資産状況公開中。

*

資産状況 2017年6月

   

新しい月が始まりました。

本ブログ恒例、月初の資産公開日とします。

5月もほとんど相場の動きはありませんでしたが、マイ資産はどのような遷移を見せたでしょうか。

2017年6月2日時点の資産状況

分類 評価額(円)  前月比(円) 前月比(%)
 国内株:個別株 3,465,200 48,400 1.42
 米国株:個別株 5,982,510 -16,460 -0.27
 米国株:ETF 2,088,480 284,294 15.76
 インデックス投信:国内株 270,096 7,921 3.0
 インデックス投信:先進国株 1,711,479 48,418 2.91
 インデックス投信:新興国株 94,509 2,191 2.37
 インデックス投信:国内REIT 87,763 1,519 1.76
 現金 12,672,890 -91,917 -0.72
 合計 26,372,927 284,366 1.09

※参考:前月の資産状況

感想

各資産、着実に増えてます。

米国株(個別株)一人負けですが、原因はアレでしょう。

国内株:個別株

5月は売買無しです。

国内株部門ではもう少しリスクをとって、勝負に出たい所なのですが、地合が中途半端なので手を出しにくいです。

買ってもいい銘柄、買い足してもいい銘柄が見つかるまで、静観します。

前月比+5万弱と中々良い結果となりましたが、今日(6/2)の日経平均2万到達が大きかったのでしょう。

米国株:個別株

5月は売買無しです。

今月はファイザー(PFE)が冴えず、31ドル台中盤になったら買おうと思ったのですが、マゴマゴしているうちに回復してしまいました・・・。

ファイザー以上に冴えないのが何と言ってもIBM!

170ドルが150ドルに下がりました。

現金のぞく全資産で米国株(個別株)のみマイナスでしたが、IBMの株価下落の影響を結構受けたことになります。

米国株:ETF

5月中旬にVOOとVYMを買い足しました。

前月比+28.5万円で追加購入額は約30万円なので、値動きは殆どないか、若干下がった程度でしょうか。

インデックス投信

国内株、先進国株、新興国株、国内REITの全資産でプラスとなりました。

先進国株はiDeCoで積み立て中です。

iDeCo積立分を除けば、新興国株が最も伸びが良かったです。

2017年は新興国株が強いです。

現金

5月は米国株(ETF)であるVOOとVYMに約30万を投じました。

少しずつ、少しずつ、現金→株に変えていっています。

総括

まずまず順調に推移していっていると思います。

IBMはちょっと想像以上に下がってしまいましたが、致命傷を受けることは無く分散投資が奏功した形となりました。

2017年は波乱もなく穏やかな地合が続きます。

逆に言えば、方向性が乏しく手を出しにくい相場ともいえます。

この地合が続くのであれば、今後もこれまでと同じように積極的な売買はせず、のんびりまったり静観することにします。

 - 資産状況