81年生まれが投資による資産運用を真剣に考える

市場でもがく一個人投資家のリアル、お伝えします。月1で資産状況公開中。

*

資産状況 2017年3月

   

今日は本ブログ恒例、月初の資産状況公開日にします。

今週はスイングトレード結果公開米国株保有状況公開と、公開記事ばかりでデータをまとめるのに疲れて腱鞘炎になりそうです。

2017年2月はサプライズも無く平穏に過ぎた月でした。ドン底だった一年前の今頃とは大違いです。

私の資産もそれほど大きくは推移していないはず・・・。

2017年3月2日時点の資産状況

分類 評価額(円)  前月比(円) 前月比(%)
 国内株:個別株 3,232,300 -120,500 -3.59
 米国株:個別株 5,436,925 145,043 2.74
 米国株:ETF 1,840,622 370,021 25.16
 インデックス投信:国内株 262,095 4,333 1.68
 インデックス投信:先進国株 1,574,054 44,248 2.89
 インデックス投信:新興国株 89,266 2,456 2.83
 インデックス投信:国内REIT 89,772 -886 -0.98
 現金 13,094,875 130,213 1.00
 合計 25,619,909 574,928 2.30

※参考:前月の資産状況

感想

おお、思った以上に増えています。

総資産が前月比2.3%(57万円)も増えているのは冷静に考えれば凄いことです。

毎月これぐらい資産が増えれば利回り24%以上達成ですからね。これはあのバフェット氏と肩を並べるほどのハイパフォーマンスです。

まあ、残念ながら現実はそんなに甘くはありません・・。

国内株:個別株

約55万円で日本曹達を売りました

約41万円でスカパーとマツダを買いました

差し引き約14万円マイナスです。

実際の国内株のマイナスは約12万なので、実質約2万円評価額が増えたことになります。

2月の日経平均株価はほぼ変動なしだから、想定どおりの結果です。

米国株:個別株

約30万円でRAIを売り、約15万円でKOを買いました。

差し引きマイナス15万円となるはずですが、何と前月比で14.5万円も増えています。

ということは、実質約30万円も評価額が増えたことになります。

ウォール街強し!

米国株:ETF

約30万円でVOOとVYMを買いました

評価額が約37万円プラスなので、実質約7万円評価額が増えたことになります。

高値掴みと思われたのですが、米国市場は本当に強いです。

インデックス投信

売買無しです。

先進国株、新興国株が共に前月比+2.8%と、同じぐらいの割合で上がっています。

国内株も前月比+1.6%と中々のものです。

これくらいのゆるやかな上昇が、精神衛生上一番良いです。

現金

微増です。

相変わらず資産の半分以上が現金です。

もう少しリスクを取りたいのはやまやまですが、今はいかんせん高値圏と思われるため、余力を残しつつじんわりと資産に転じたいです。

総括

2017年2月はほぼ無風の月となり、資産推移も緩やかなものとなりました。

2月のように平和な月が続いてくれれば最高なのですが、相場は凶暴な一面を持つ生き物であるため、何がきっかけで変貌するか予測できません。

3月も引き続き米国株は淡々と積み増し、日本株は機と見れば積極的に勝負を仕掛けていきたいです。

 - 資産状況