81年生まれが投資による資産運用を真剣に考える

市場でもがく一個人投資家のリアル、お伝えします。月1で資産状況公開中。

*

J-REIT参入を考えています!!その3つの理由・・・

      2017/07/17

突然ですが、J-REITに投資しても良いかなと思い始めました

毎月分配型やインデックスではなく、個別の銘柄として、です。

その理由は主に3つあります。

  • 株式とは違った資産を組み入れたい
  • 高利回りが魅力
  • 日本の底力を信じたい

簡単に紹介していきます。

J-REITへの投資を考えた3つの理由

J-REITとは簡単に言えば不動産の投資信託のことで、投資家から募ったお金を元に運営会社が不動産運営して、その利益を投資家に分配する仕組みとなっています。

J-REITにより、専門知識が無い人でも少額で間接的に不動産投資ができるというわけです。

そのJ-REITへの投資を考えるに至った理由は上述のとおり主に3つあります。

株式とは違った資産を組み入れたい

他にも2つ投資理由があるのですが、実はいずれもとってつけたようなもので、結局はこれが最大の理由です。

株式と違った値動きをする、不動産という分野へ投資したいと考えるようになりました。

先日、偶然日経平均株価と東証REIT指数が逆相関の関係になっていることを発見しました。

逆相関が常ではありませんが、不動産は株とは逆の値動きをすることがあると分かりました。

私は現在以下の資産配分を考えています。

  • 米国株(先進国株含む):50%
  • 日本株:25%
  • 現金:25%

この配分はあくまで目標で、まだ未達成です。

しかしこの配分が実現するとなると、資産の75%が株式となります。

特に今は米国株がかなりの高値圏であると見ています。基本右上がりの市場とはいえ、買い足すのに少しだけ躊躇してしまうレベルです。

そして米国市場が冴えなければ、日本市場もそれに引きずられて米国以上に下落するのは、リーマンショックで証明しています。

当初は日本株でアグレッシブに攻める予定でしたが、どうやら自分の性格上、あまり派手な冒険はできなさそうだと悟りました。だったら、もう少し保守的な資産運用をしても良いだろうと思い立ちました。

株だけでなく、違うタイプの資産である不動産投信に振り分けた方が分散が効きよりディフェンシブになるのではないかと考え付いたわけです。

高利回りが魅力

REITといえば高い利回りの分配金が魅力で、株式なら国内・米国共に3%あれば高配当と言えるのですが、REITは5%、6%を超える銘柄が珍しくありません。

株式以上の利回りを誇るJ-REITはやはり魅力的です。

J-REITは米国株同様、長期保有を前提に考えています。

投資は値上がり益となるキャピタルゲインも、分配金であるインカムゲインと同じぐらい大事と考えているものの、J-REITはややインカムゲイン目当てとなるでしょうか。

日本株・先進国株インデックスはキャピタルゲインが中心。

米国株はキャピタルゲイン+インカムゲイン両獲り。

J-REITはどちらかといえばインカムゲイン狙い。

こんな感じで資産毎に住み分けが出来ればと思います。

日本の底力を信じたい

はい、これはきれいごとですね。でもれっきとした本音でもあります。

やはり日本は良い国だと考えているし、世界に誇る文化もたくさん持っているはずです。

ここ25年ほどで日本だけ経済成長が鈍く世界から取り残された感があるものの、これは2000年代に入りようやくバブル崩壊後の不良債権処理が終わりつつあるところにアメリカ発のITバブル崩壊+リーマンショックに巻き込まれてしまった不運もありました。

バブル崩壊+リーマンショックの傷跡が癒えつつある今、日本市場の真の実力が試される局面です。

J-REITに投資することで、微力ながら日本を応援したいという考えを持っています。

今日にでも買う、かも

現在、東証REIT指数は下落を続けています。

J-REITに新規投資するには絶好の機会だと思います。

実は既に銘柄をある程度絞り込んでいます。

思い立ったらすぐ行動、というわけで、もしかしすると今日にでもJ-REITデビューするかもしれません。

2017年7月17日 更新

7月13日、買ってしまいました。

晴れてJ-REITデビューです!

記念すべき最初の銘柄はインヴィンシブル投資法人です。

 - REIT