81年生まれが投資による資産運用を真剣に考える

市場でもがく一個人投資家のリアル、お伝えします。月1で資産状況公開中。

*

年末一掃セール!8ファンドを一気に売却しました

      2017/09/30

2017年に向けて、不要な金融商品の現金化を進めています。

12月21日に、以下の8ファンドを一気に売却しました。

  • ニッセイTOPIXインデックス
  • ニッセイ日経225インデックス
  • eMAXIS 新興国株式
  • eMAXIS 先進国株式
  • SMT G債券インデックス
  • ニッセイ外国債券インデックス
  • ニッセイグローバルリート
  • 世界経済インデックスファンド

売却資金は合計627,281円になりました。

まさに年末の在庫一掃セールみたいになりました。

売却した8ファンドについて

再掲しますが、売却した8ファンドは以下の通りです。

  • ニッセイTOPIXインデックス
  • ニッセイ日経225インデックス
  • eMAXIS 新興国株式
  • eMAXIS 先進国株式
  • SMT G債券インデックス
  • ニッセイ外国債券インデックス
  • ニッセイグローバルリート
  • 世界経済インデックスファンド

「ニッセイTOPIXインデックス」と「eMAXIS 新興国株式 」は一時期、毎月積み立てていました。

インデックスファンドの積立は先進国株のみで良いと途中から思い直し、2016年4月をもって上記2ファンドの積立を中止しました。

トランプ相場でこれらが含み益になっていたので、今のうちに売却することを決めました。

他の6ファンドは、2015年8月下旬ごろに「どうやらインデックスファンドってのがいいらしい」という情報を得たのを機に、適当に少額を購入したものです。

当初は毎月積み立てる予定でしたが、何か違うと思い直して、追加購入することなく今まで放置してきました。

毎月の資産状況のその他欄は、「SMT G債券インデックス」「ニッセイ外国債券インデックス 」「ニッセイグローバルリート 」「世界経済インデックスファンド」の4ファンドを合算したものです。

8ファンド売買成績

ファンド名 買付金 売付金 損益額 損益率
ニッセイTOPIXインデックス 400,000 423,933 23,933 5.98
ニッセイ日経225インデックス  30,000 31,264 1,264 4.21
eMAXIS 新興国株式  120,000 124,778 4,778 3.98
eMAXIS 先進国株式  10,000 9,755 -245 -2.45
SMT G債券インデックス  10,000 9,157 -843 -8.43
ニッセイ外国債券インデックス  10,000 9,185 -815 -8.15
ニッセイグローバルリート  10,000 9,627 -373 -3.73
世界経済インデックスファンド  10,000 9,582 -418 -4.18

8ファンドの売却額が計627,281円、4.55%に該当する27,281円の利益を上げることが出来ました。

TOPIXインデックスは最悪期だった2月3月も積み立てていたので、その分安く買うことができ、プラスで終えられました。

目につくのは外国債券インデックスのパフォーマンスの悪さです。

ほぼ同時期に買った、悪名高き「日本株アルファ・カルテット」の損益率が-8.42%でした。

「SMT G債券インデックス 」の損益率は-8.43%と、アルファカルテット以下のパフォーマンスです。

2015年8月~2016年12月にかけては、外国債券は最悪レベルのパフォーマンスだったといえます。

「世界経済インデックスファンド」の損益率が冴えないのも、外国債券が大いに足を引っ張っているからでしょう。

そもそも長期投資前提であれば、インデックスファンドは株のみで良いのかもしれません。

今ならば、新興国株ファンドも債券ファンドもバランスファンドも決して買わないでしょう。

資産整理が出来てスッキリ

8ファンド売却により、マネックス証券の総合口座には約250万円の現金が出来ました。

来年から毎月20万円ずつドル転しても、2017年いっぱいは持つ計算になります。

超初心者時代に買った、過去の不要な資産を一斉に売却してスッキリしました。

これで気持ちよく新年が迎えられそうです。

 - 実トレード_その他