81年生まれが投資による資産運用を真剣に考える

市場でもがく一個人投資家のリアル、お伝えします。月1で資産状況公開中。

*

株をやる上で最低限知っておきたい5つの重要指標

   

株式投資をするうえで、ネット上で銘柄検索をすると、PERとかPBRとか、ROEとかROAとか、色々な横文字を見かけると思います。

株を始めたての頃はこういった横文字の意味がよく分からない、ないし、どれがぐらい重要なのか知らないのではないでしょうか。

私が思うに株の指標は、最低限以下の5つさえ知っておけば問題ないと思います。

  • EPS
  • BPS
  • PER
  • PBR
  • ROE

本記事では、これらの指標を簡単に紹介します。

株で大事な5つの指標

EPS : 1株あたり利益(earnings per share)

EPSは1株あたりの利益を表します。

計算式は、以下の通りです。

  • 純利益 ÷ 発行済株式数

株価は最終的には利益と比例するところとなりますので、1株利益であるEPSが毎年上昇傾向にある銘柄は、株価も上昇傾向にあることになります。

単一の年だけではなく、複数の年で比較して初めて意味のある指標となります。

BPS : 1株あたり純資産(book value per share)

BPSは1株あたりの純資産(=株主資本)を表します。

計算式は、以下の通りです。

  • 株主資本 ÷ 発行済株式数

純資産とはすなわち株主資本のことで、これもEPSと同様に複数の年のデータを比較して活用します。

PER : 株価収益率(price earnings ratio, P/E)

PERとは株価収益率のことで、今の株価は利益の何倍なのかを表す数字となります。

単位は”倍”です。

計算式は、以下の通りです。

  • 株価 ÷ 1株あたり利益(EPS)

株価が分子、EPSが分母となります。

この数字が高いほど、利益と比べて株価が高くなっていることになります。(=現在の株価が過大評価されているかもしれません。)

PBR : 株価純資産倍率(price book value ratio)

PBRとは株価純資産倍率のことで、今の株価は1株純資産の何倍なのかを表します。

単位はPERと同じく”倍”です。

計算式は、以下の通りです。

  • 株価 ÷ 1株あたり純資産(BPS)

この数字が1倍以下であれば、現在の株価は解散価値以下の評価となり、この時に株を買えば仮に企業が解散したとしても、株数×BPS分だけ株主に資金が返ってくるので、株主が損をすることは無い計算になります。

ROE : 株主資本利益率(return on equity)

ROEとは株主資本利益率のことで、株主資本からどれぐらい利益を得ているかを表します。

単位は”%”で、これが大きいほど効率的に株主資本を活用できていることになります。

計算式は、以下の通りです。

  • 純利益 ÷ 株主資本

アメリカではかなり重要視されており、最近は日本でも注目されている指標です。

大きいほどいいのですが、株主資本が分母にある通り、株主資本が細っている企業でもROEが大きくなる傾向があるので、その場合は注意が必要です。

簡単な例

以下の会社Xを例にして、各指標を計算してみましょう。

X社の基礎情報は以下のとおりです。

  • 発行済株式数:100株
  • 純利益:10,000円
  • 株主資本:120,000円
  • 株価:1,500円

上述の計算式を使い、各指標を算出します。

  • EPS:純利益(10,000円) ÷ 発行済株式数(100株) = 100円
  • BPS:株主資本(120,000円) ÷ 発行済株式数(100株) = 1,200円
  • PER:株価(1,500円) ÷ 1株あたり利益(EPS)(100円) = 15倍
  • PBR:株価(1,500円) ÷ 1株あたり純資産(BPS)(1200円) = 1.25倍
  • ROE:純利益(10,000円) ÷ 株主資本(120,000円) = 8.33%

以上のような結果となりました。

いかがです?割り算しか使わないから、結構簡単に計算することができますね。

この指標を見るに、PER15倍、PBR1.25倍であれば、株価1,500円は高くもなく低くもない、常識的な価格であることが分かります。

もちろんPERは業種や景況によって大きく変動しますので、15倍だったらふつう、とは一概には言えません。

が、15倍というのは日本でも米国でも、およそ常識的な数字といえます。

おわりに

いかがでしたでしょうか。

株式投資を行う上で、最低限押さえておきたい5つの指標を取り上げました。

  • EPS
  • BPS
  • PER
  • PBR
  • ROE

この5つさえ知っておけば、ある程度の判断はできるのではないかと思います。

この5つだけを覚えるだけで、株がもっと楽しくなること請け合いです。

 - 投資Tips