ゆ~ていの気まぐれ投資ブログ

気の向くまま投資をテーマに綴るブログ。

*

Windows10でメモリ4GBは話にならない

   

Windows 7のサポートが2020年1月14日で終了となります。

以後、セキュリティホールが見つかってもパッチは提供されず、Windows 7を使い続けると攻撃されるリスクが著しく上がります。

この機にPCをWindows 10搭載機に買い替える人もいるのではないでしょうか。

私もその一人で、Windows 10のPCを買いに行きました。

が、誤算がありました。

メモリ4GBではWindows 10は普通に使うことすらままならなかったのです。

メモリはこだわっていなかった・・・

私が使っているノートPCは7、8年ほど前に買った古いもので、Windows 7で動いています。

今のPCでも特に不自由はしていないのですが、サポートがそろそろ切れるということでWindows 10のPCに買い替えようと決めました。

ディスプレイサイズは15.6型、HDD容量は200GB以上、Office付き、そしてなるべくディスクドライブ付きという条件で店頭で探しました。

CPU、メモリには特にこだわりなく、ストレージは特にSSDでなくても十分と考えていました。

今のPCはどれもそれなりのスペックがあるから、特に画面サイズと容量を中心に見ればいいかなと思ったのです。

それが間違いでした。

4GBでは話にならん!!

買ったのはレノボ・IdeaPad 330です。

ストレージ容量は500GB、Officeライセンス付きで約6万円強と、中々良い買い物をしたと思ったものです。

しかし・・・。

セットアップするうちに、あることに気付きます。

このマシン、やたら重くない?

備え付けのマカフィーのアンインストールにやたら待たされるし、Google Chromeのウィンドウを開いた時もいちいち固まるし、複数タブ立ち上げたときの動作がモッサリしていて非常にストレスを感じました。

メモリは4GB。

ノートPCの用途はネットを見る、動画を見る、ブログを書く・・・ぐらいで、ゲームしたり動画編集したりするわけじゃないので、そんなにメモリがたくさんなくても大丈夫だろうと思ったのです。

それが間違いでした。

メモリ4GBのWindows10では、chromeで快適にネット閲覧が出来ません。

サイトをマウスでクリックしてもレスポンスが遅く、文字入力も反応がイマイチ遅い。

Windows10は何もしなくても2~3GBほどメモリを使っており、chromeはタブを複数開くとそれなりにメモリを使うので、上限4GB程度ではすぐに枯渇してしまいます。

4GBでは明らかにメモリが足りません。

奇跡的に返品を受けつけてくれた!

レノボPCは何とメモリ増設不可!

メモリを特に気にせずに買った自分が悪いとはいえ、普通のネット閲覧すらストレスになるようでは話になりません。

こんなに動きが遅いのは耐えられません。

とても使えないと思い、ある程度セットアップしてしまって箱もボロボロだけど、なんとか返品を受け付けてくれないかとダメもとで販売店に連絡しました。

普通は受け付けていないんですけど、今回だけ対応させて頂きます。

なんと、奇跡的に返品受け付けてくれました。

PCを初期化して販売店に持っていき、お返しをしてきました。

ちなみにPC初期化で4時間くらいかかりました。

万一個人情報が残っていたらまずいので、データを完全初期化してwindows再インストールしました。

最低でもメモリは8GB必要だ!

今回のPC買い替えで教訓を得ました。

Windows 10を普通に快適に使いたいなら、ネット閲覧だけしかしなくてもメモリ8GBは必要です。

もしPC買い替えを検討されているのであれば、メモリ4GBは絶対にやめておいたほうが良いです。

人によっては我慢できるかもしれませんが、私は耐えられませんでした。

あやうく私も安物買いの銭失いになるところでした。

今度はケチらずに良いノートPCを買ってきます。

 - 雑記