81年生まれが投資による資産運用を真剣に考える

市場でもがく一個人投資家のリアル、お伝えします。月1で資産状況公開中。

*

【悲報】2017年は土曜日と祝日が4日も重複します

   

今日は成人の日、2017年初の祝日となりました。

やはり祝日はうれしいもので、三連休ともなるとウキウキな気分になるのは社会人の悲しい習性です。

さて、そんなうれしい祝日なのですが、2017年はつぶれてしまうかもしれない祝日が4日もあるとご存じでしょうか?

何と4日間も土曜日と祝日がかぶってしまって、土曜休みの会社は祝日の恩恵を受けられないのです。

2017年は祝日が4日もつぶれる!?

ご存じの通り、祝日が日曜日と重複したら、翌月曜日が振替休日となります。

日曜日が祝日でもそんなに気にせず、むしろ土曜休みであれば三連休となるから、歓迎する方も多いことでしょう。

ですが、祝日と土曜日が重複した場合は振替休日がありません

これは非常にゲンナリしますね。例年ならば休める日が消滅するのだから、一日休みが無くなるのと同然です。

残念なことに、2017年は土曜日と重複する祝日が4日もあるのです。

  • 2月11日(土): 建国記念の日
  • 4月29日(土): 昭和の日
  • 9月23日(土): 秋分の日
  • 12月23日(土):  天皇誕生日

成人の日の次の祝日である建国記念日がさっそく土曜重複なんて、ガッカリですね。

土曜日が出社日の企業なら、ありがたい

でも、今年のカレンダーでガッカリしているのはある意味恵まれた証なのかもしれません。

土曜日が祝日でガッカリしているということは、土曜日がお休みの環境で働いているということです。

30年近く前の1980年代は、土曜日は半日出社の企業が殆どだったと聞きます。半日で退社できるから、土曜日は「半ドン」と呼ばれていたそうです。

1990年代からは土曜休みの企業が増えてきて、21世紀に入ってからは土曜休みは当たり前の風潮となってきました。

しかしながら、土曜出社の企業もまだまだ存在します。毎週土曜日とは言わなくても、第二土曜日だけ出社とか、隔週土曜日は出社日とか、そういった営業日を設定している企業もよく耳にします。

そうした、土曜出社がある企業に務めている方にとっては今年のカレンダーを見ても、大してガッカリはしないものかもしれません。

投資家的には、ちょっとうれしい??

労働者目線としてガッカリだけど、投資家目線で見るとまんざらではないのかもしれません。

なぜなら、祝日で日本市場が止まっていても海外市場は動いているからです。

今日成人の日も、まさに海外市場は動いています。為替や日経平均先物もめまぐるしく動いています。

祝日に海外で大きな動きがあった場合、日本の市場はお休みなのでどうすることもできません。翌営業日までは手出しができないのですね。

祝日は海外の動きに後れを取る恐れがありますが、平日は日中市場が開いているので即対応することができます。

頻繁に売買する投資家にとってみれば、土曜日と祝日が被ることにより海外と足並みを揃えられる日が増えるから、案外今年のカレンダーをうれしく思っているものなのかもしれません。

ちなみに私は多くの方と同じく、ゲンナリしています・・・。

 - 雑記