81年生まれが投資による資産運用を真剣に考える

市場でもがく一個人投資家のリアル、お伝えします。月1で資産状況公開中。

*

4年10か月保有し続けたオリコンに別れを告げました

      2017/09/30

年末に向けて、現在資産整理中です。

マネックス証券に塩漬けしてあるオリコン(4800)を今日、手放しました

オリコンは2012年2月20日に100株購入しました。

今は2016年12月21日だから、4年10か月もオリコン株を持ち続けたことになります。

なぜオリコン株を買ったのか思い出せない

2012,13年に、現金を少しだけ株に変えてみようと、いくつかの日本株を購入しました。

アベノミクス効果など当時はまるで知らず、三菱東京UFJや森永製菓、ビックカメラといった有名な企業の株を適当に買っていました。

その中の一つがこのオリコンなのですが、なぜオリコンを買ったのか具体的な動機が思い出せません。

三菱東京UFJならメインバンクとして使っているし、森永製菓はココアがおいしくて大好きだし、ビックカメラはよく買い物にいくしで、大体どの銘柄も自分に関わりのあるものを中心に選んだものばかりでした。

そのなかで、なぜオリコンを選んだのか?

当時の自分の選択基準がよくわかりません。

ブログをやっていれば、こういうときに動機を振り返ることができるのですが・・。

少し心当たりがあるのが、1単元である100株=3万円ちょい(当時)で図書カードがもらえるから、それにつられてからなのかもしれません。

ちなみに図書カードは2015年で廃止されており、オリコンから最後にもらった株主優待は500円相当のふなっしーの図書カードでした。

株価269円で売却、7,100円の損失

オリコン株に関しては10月12日に記事にしました。

マグネシウム電池関連銘柄として、一躍スター銘柄に躍り出て、株価が2営業日で209円→365円と75%も上昇したのを紹介した内容となります。

10月12日のオリコン株価は365円、それから二か月以上経過した12月21日の株価は269円と、96円も下落していました。

やはり急上昇した銘柄は下がるのも急降下です。

取得株価は340円、売却時の株価は269円、これを100株ですので、7,100円の損失となりました。

古株との別れ 

オリコン株を買ったのが2012年2月20日、投資のとの字も知らなかった時期です。

株を持つと、株主優待やら配当金通知やらで定期的に企業から郵便が届くので、それが4年以上も続くといつの間にか投資企業にそれなりに愛着がわいてきてしまうものです。

こういうのを、古株というのでしょうか?

売却したことでオリコンから郵便が届くことが無くなるので、少しだけさびしい気分になります。

オリコンから得た資金は、ドル買い(米国株)にありがたく使わせてもらうこととします。

 - 実トレード_国内株