81年生まれが投資による資産運用を真剣に考える

市場でもがく一個人投資家のリアル、お伝えします。月1で資産状況公開中。

*

去年もらった配当金を3銘柄に分割して再投資しました!

      2017/09/30

資産を増やすには、複利効果を最大限に利用すべし!

この大原則に則り、2016年に米国株から得た配当金を全額再投資しました。

2016年の米国株配当金は合計503.09ドルです。

これを、新参のRAIとGPSを除く私のポートフォリオの中で評価額が低かったBA、JNJ、PFEの3銘柄に割り当てました。

去年の配当金で3銘柄購入

昨日の夜、BA(ボーイング)、JNJ(ジョンソン・エンド・ジョンソン)、PFE(ファイザー)の3銘柄を23:35ごろに成行で買いました。

購入記録は下記の通りです。

  • BA:164.93ドル、1株
  • JNJ:110.95ドル、2株
  • PFE:31.18ドル、6株

3銘柄合わせて573.91ドルの買い物となりました。

2016年の米国株配当金が503.09ドルだったので、若干足が出たことになりますが、些末なことですので全く気にしません。

BAはトランプ氏が大統領選に勝利してからは元気がよく、まるで天井知らずのような上昇を見せています。23:35前後ではBAの株価は165ドル前後だったのが、今日の朝には167.36ドルと深夜に2ドル以上も上がっていました。私のポートフォリオの中では現時点で一番の稼ぎ頭で、含み益が800ドルを超えています。

JNJはBAとは対照的に元気が無く、110ドルを割りそうな勢いだったのですが、こちらも深夜に急騰したらしく、現在は112.80ドルになっています。2株とはいえ、111ドルより安く買えて少し得した気分です。

PFEは跳ねたり落ち込んだりと、感情の起伏が激しい銘柄です。下がってそろそろ買おうかと思ったら、何の前触れもなく上昇することはしょっちゅうです。買い時が掴めず、去年の3月29日に30.12ドルで買ったのを最後に追加購入することなくここまで来てしまいました。31.18ドルは納得できる価格です。

マネックスキャンペーンで手数料キャッシュバック

このタイミングで配当再投資をしたのは理由があります。

普段米国株の購入をしているマネックス証券が、2016年11月28日(月)から2017年1月31日(火)の間まで、米国株&米ドル購入手数料をキャッシュバックするキャンペーンを行っていて、今もその期間中です。

普段なら米国株売買時に最低でも手数料で5ドル取られるため、少額の取引は不利なのですが、キャンペーン期間なら手数料のことを考えずにすみます。

去年の配当金を再投資する絶好のチャンスだと思い、1銘柄あたり1株やら2株やらの取引を敢行したというわけです。

キャンペーンは1月いっぱいで終了します。

手数料キャッシュバックは非常に魅力的です。今月のドル買いは既に終了していますが、キャンペーンが終わる前に、スポットでドルを買ってしまおうかと目論んでいます。

2017年の配当も、2018年に再投資!

2016年にもらった配当金503.09ドルを、BA、JNJ、PFEの3銘柄にほぼ均等に割り当てることで、去年分の配当再投資はこれで完了しました。

当然ながら、2017年にもらう配当金も翌2018年に全額再投資します。

2018年の配当金も2019年に再投資・・・と毎年配当再投資を繰り返すことによって、米国株資産がどんな成長を見せてくれるのか、今からとても楽しみです。

 - 実トレード_米国株