ゆ~ていの気まぐれ投資ブログ

気の向くまま投資をテーマに綴るブログ。

*

投資は年利10%を目指したい!!

   

投資に目覚めてからもうすぐ5年経とうとしています。

毎月分配型投信にも手を出したし、スイングトレードもやったし、米株もインデックス投信にも東証銘柄もマザーズ銘柄もREITも投資してきました。

様々な手法、銘柄に手を出すにつれ、自分の実力というものがわかってきました。

機を見て資金投下する短期勝負には弱いけど、信頼できる銘柄ならば我慢強く待つことができる。

自分の実力からして、年利10%を目指すのが相応なのかなと考え至りました。

年利10%が限界!!

投資で平均年利10%の成績が出せたら大成功でしょう。

年利は地合の良し悪しによって大分変ってくるから、+20%の年もあればマイナスの年もあるでしょう。

良い年、悪い年をひっくるめて、10年20年の平均年利10%を目指したいです。

おそらくは私の能力ではこれが限界でしょう。運が良ければ11%とか12%とかいけるかもしれませんが、欲張ってはロクなことにならないので10%に目標を定めます。

投資の神様と呼ばれるウォーレン・バフェット氏の平均年利は20%と言われてます。好調な年だけなら可能でしょうが、悪い年もひっくるめて20%というのは異次元な数字です。並の投資家が達成できる数字ではありません。15%でも一流でしょう。

年利10%で十分!!

最もポピュラーなインデックス指数であるS&P500の平均リターンは年7~9%と言われてます。

つまり、ただ単にVOOに投資しているだけで、7~9%のリターンをかなりの確率で得ることができます。

私の目標である10%を達成するにはS&P500に勝たなければいけません

今のところ、S&P500を上回るリターンを得ることができています。

15%とか20%は相当厳しい数字ですが、10%なら銘柄選択と見切りを見誤らなければ現実的な数字です。

そもそも年利10%なら、投資額100万円なら110万円と10万円も前年比でふえる計算です。

投資の世界は9割が負けるといわれています。

インデックスを超えるリターンである年利10%は十分に素晴らしい成績ではないでしょうか。

年利10%を目指すには・・・

どうやって年利10%を目指すのか?

  • 優良銘柄を見極め我慢強く保有する
  • 優良でなくなった銘柄は見切りをつける

上記二点を徹底すれば達成できるでしょう。

米株主となって4年以上の経験から、間違いないと思います。

優良銘柄や不良銘柄を区別は結構簡単です。株価が上がる銘柄が優良銘柄、下がる銘柄が不良銘柄です。優良銘柄は10年チャートで右上がりをしています。

株の世界も結果がすべて、単純明快ですね。

あとは感情的な売買をしない、他人の意見は原則信用しない、他人との比較をしない、自分の感性のみを信じる等、精神力も極めて重要です。

投資において信用できるのは自分のみです。自分の能力を以て年利10%を目指していきます。

 - 投資について考える