81年生まれが投資による資産運用を真剣に考える

一個人投資家の資産運用実践記。月1で資産状況公開中。目標額は大きく1億円!

*

あの日を境にスイングで勝てなくなりました・・・

   

boy-e833b7092e_640

最近絶不調です。

やることなすこと全部裏目、全く勝てる気がしません。。。

そう、8月に続き、9月もスイングトレードがうまくいっていません。

7月に「与党大勝!!ポケノミクス万歳!!」と浮かれていたのが今となっては懐かしいです。

なぜ勝てなくなったのか?自分なりに思う所を書きます。

日銀のETF買い増しから違和感を覚えるようになった

私は去年12月からスイングトレードをしており、まだスイング歴1年足らずでこのようなことを言うのはおこがましいのですが、8月から難易度が格段に上がった気がします。

3月や5月も結構苦しい月だったのですが、敗因は何となくわかっています。

日銀会合&FOMCの荒波にのまれた3月と、うかつなトレードをしてしまった5月。負けたのは必然でした。

8月も10万負けたのですが、これが何故やられたのかよく分からないのです。

7月までと手法か変えていないのに、何故?

夏枯れの閑散相場だから?

そう思いましたが、今も8月と同じように負けています。

どうも、7月までとは相場の質が変わった気がします。

これまで約1年見続けた相場とは、全く別物である気がしてなりません。

8月以降は円高=株安、円安=株高の大原則が崩れ、円高で逆に株価が上がる珍現象が見られました。

それだけではなく、説明するのは難しいのですが、不自然さといいますか、ある種の気持ち悪さを感じているのです。

何がきっかけで相場が変質したか?

思い当たるのはやはり、7/29に日銀がETF買い入れ枠を3.3兆から6兆まで増やすと発表して以降と考えます。

この日以降、官製相場に拍車がかかり、相場の自浄作用が消えつつあるのではないでしょうか。

今の株価はいわば人工のフタをしている状態で、健全とは程遠い状態です。

今の相場の違和感、不自然さ、気持ち悪さ・・・。

私は日銀のETF買い増しが第一理由と思っています。

 

とはいえ、勝てなくなった理由を日銀のせいにしたところで、所詮投資は自己責任、これは絶対にはき違えてはなりません。

この気持ち悪さはいずれ消えると信じて、引き続き相場と向き合っていきます!

 - スイングトレード