81年生まれが投資による資産運用を真剣に考える

一個人投資家の資産運用実践記。月1で資産状況公開中。目標額は大きく1億円!

*

念願の米国株主になりました!

   

私はすでに、海外ETFであるVYMとVOOを計80万円分NISA口座で購入しています。

NISA枠は毎年海外ETFであるVYMとVOOに使おうと決めています。

そして、かねてよりアメリカの個別株にも興味を持っていました。

海外ETF購入のために外国株口座を開設した後、アメリカの個別株もいつか必ず買おうと心に決めていました。

資産状況に「米国株:個別株」欄を設けていたのは、今後絶対に米国株を買うぞという意思表示でした。

そして今週、ついにそれが実現しました!!

銘柄はP&G(PG)!

20160319_1

何を買ったか?

それはP&G(PG)です。あのファブリーズを売っている会社です。

32株を81ドルで購入しました。日本円にすると、約30万円弱になります。

P&Gは米国株に造詣の深い方ならメジャー、いや超メジャーな銘柄です。

P&Gはなんと58年もの間、連続で増配してきた銘柄なのです。

増配とは、日本ではなじみのない言葉かもしれませんが、その名のとおり配当を前年より増やすこと。

P&Gはそれを58年もの間続けてきたのです。正に快挙、大記録といって良いでしょう。

銘柄選択の基準

最初にP&Gを選んだとおり、私が米国株を選ぶにあたって優先しているのは、配当金が安定して貰えそうかどうか、です。

以下、銘柄選択の基準を箇条書きにします。

  • 配当金が高めであること
  • 配当金が毎年安定してもらえること
  • (できれば)増配継続中であること
  • 財務状況が健全であること
  • リーマンショックで大幅に業績悪化していないこと
  • 日本でも有名であること

簡単に言えば、知名度があって、大不況の中でも倒産の恐れがなく、安定して配当金がもらえそうな会社です。

米国株は一度買ったら売りません。一生持ち続けるつもりでいます。

世界経済が健やかなる時も病める時も常に持ち続けて、毎年安定して配当金を頂こうという戦略です。

その配当金を使って、再度何かしらの銘柄を購入する。

これを毎年つづけることで、10年後、20年後には相当の資産が築き上がっているはずです。

今後購入を検討している銘柄

所有銘柄は、5~10種類に絞る予定です。

所有銘柄は、現時点では以下を検討しています。

  • P&G(PG)
  • ジョンソンエンドジョンソン(JNJ)
  • コカコーラ(KO)
  • アップル(AAPL)
  • ファイザー(PFE)
  • エクソンモービル(XOM)
  • AT&T(T)

いずれも日本でも知られている企業ばかりです。

私はアメリカ通じゃないので、アメリカの企業は殆ど知りません。

よく分からない会社よりもなじみのある会社の方が、納得して投資できるし、実感も湧くというものです。

最低でも5銘柄を30万ずつ、計150万を今年中に購入しようと思います。

いずれは米国株を中心に資産運用をしていきたいです。

今日はその第一歩、投資家として新しいステージに進んだ記念すべき日です!

 - 実トレード