81年生まれが投資による資産運用を真剣に考える

一個人投資家の資産運用実践記。月1で資産状況公開中。目標額は大きく1億円!

*

今週スイングトレードでボロボロにやられました。なぜボロ負けしたか?

      2016/03/20

先日、2月のスイングトレード結果報告記事で爆益だと書きました。

勝った時こそ気を引き締めよと慎重に臨んだはずの3月、今のところかなり負けています。

特に今週はひどい!ボロボロといっても過言ではありません。

スウイングトレード歴はわずか3か月半しかありませんが、今週は間違いなく過去最悪です。

そこで毎月のスイングトレード報告の番外編として、今日は今週一週間のスイングトレード結果報告の日とします。

そして、なぜ負けたのか考えてみることにします。

今週のスイングトレード結果

売買 銘柄コード 銘柄 枚数 購入額(円) 売却額(円) 損益(円)
9412 スカパーJSATHD 400 658

646 (400株)

645 (400株)

-10,000
1377 サカタのタネ 200 2,727 2,660 -13,400
4452 花王 100 5,956 5,770 -18,600
5801 古河電気工業 2000 256 267 -22,000

※上記の表は、税や手数料、金利は含まれていません

0勝 4敗、利益:-64,000円

感想

たった一週間で6万円以上も負けた!!

私はスイングトレードの際は、致命傷だけは避けようと損切りラインは必ず設定しています。

一回のトレードではどんなに負けても3万円以内には必ず抑えるようにしており、事実今週のトレードも1回の負け分は大したことはありません。

しかし、それが積もってくると侮れない金額となります。

こうやってデータをまとめて数字にしてみると、改めて派手に負けた気になります。

今まで負けた金額は一ヶ月単位で数千円とか1万円台だったから、今週は間違いなく過去最悪です。

スイングトレーダーとして、今はまさに絶不調、壁に当たっているのかもしれません。

負けた場合、きちんと原因を分析しなければなりません。

今週負けまくった原因、それは日銀会合とFOMCにあると考えています。

今週、日銀会合・FOMCの共に現状維持を表明しました。FOMCが利上げを見送りしたことで、ドル安に大きく傾き、また株価も下落してしまいました。

しかもタチのわるいことに、FOMC後すぐに下落するのではなく、17日の午後に急激に下落したのです。

17日午前中までは日経平均は順調に上がっていました。これまでもいい具合で上がっていたことから、買いポジションを多めに持っていたのです。

17日午後から今日にかけての下落で、買いポジはすべて決済されました。

上昇トレンドと見込んでいたのが、完全に外れてしまったわけです。

このことから、ひとつの教訓を得ました。

日銀会合&FOMC前後は極力ポジションを持たない

日銀会合&FOMCが市場に与える影響力の前に、テクニカル分析は無意味ではないかと思えてきました。

だったら、これらの開催日前後はスイングトレードをやらないのが一番無難ではないかと考えました。

次回の日銀会合&FOMCは4月末。この時はスイングトレードは控えることとします。

 - スイングトレード