81年生まれが投資による資産運用を真剣に考える

一個人投資家の資産運用実践記。月1で資産状況公開中。目標額は大きく1億円!

*

午後から日経平均急落。これが東芝ショックか・・・

   

東芝子会社の東芝メディカルシステムズを、キヤノンに6655億円で売却する契約が結ばれたと報道されました。

当初は確か3000~4000億くらいと記憶していたのですが、どんどん値段が吊り上がってキヤノンと富士フィルム以外は撤退するほど膨らみ7000億円とも噂されており、それに近い大金での売却決定となりました。

何か富士フィルムが文句を言っているようですが、大金をはたいて買収したキヤノンにせよ、それほどまでに東芝メディカルは手に入れる価値がある超優良企業だということなのでしょう。

しかし、東芝のグッドニュースのすぐ後に日本市場を巻き込んだ(?)バッドニュースが・・・。

今日の13時ごろ、次のニュースが入ってきました。

「米当局が、東芝子会社米ウェスチングハウス・エレクトリックの減損損失約1460億円を隠していると疑い調査をしている」

この一報を受けてなのか、午後から東芝の株価が急落してしまいました。

20160317_1

ご覧のとおり13時に峻嶮な谷が出現しています。

私は東芝株を172円で2000株持っているのですが、正直、夕方に株価を見て、ひっくり返りそうになりました。

メディカルの交渉も大詰めだし、白物家電の売却先も決まったようだし、もう200円を割ることはほぼ無いんじゃないかとタカをくくっていたのです。

当たり前のことかもですが、株というのは予想外が日常なのですね。

この東芝株に感応するように、午前は順調だった日経平均株価も急激に下落してしまいました。

ウソかホントかは定かではないのですが一部のラジオで、「東芝下落のショックで日経平均も下がった」などと言われたようです。

しかしここまで鮮やかに下降したとなると、何か人為的な力を感じずにはいられません。

その筋の者が故意に減損隠しを発表し、それに乗じて一斉に売りを浴びせたとか・・・。

それに、原油が上がっていて米国株価も順調なのに、日経平均だけこれほど下がるのは不自然です。

何にせよ、今日一日の動きだけでは何とも言えません。単なる気まぐれ、外国勢の利益確定の一時的な売りなのかもしれません。

日本市場や世界株式市場で何が起こっているのか、しっかりと見極めていきます。

 - マーケット状況