81年生まれが投資による資産運用を真剣に考える

一個人投資家の資産運用実践記。月1で資産状況公開中。目標額は大きく1億円!

*

15日はインデックス自動積立日…利上げなんて関係ない!

      2016/03/09

20151215_1.jpg

インデックスファンド 毎月の積立について」にも書いたのですが、毎月15日に5万円をインデックスファンド購入に充てています。

これは私の中で決めたルールで、メインとして使っているマネックス証券で毎月15日に購入するよう設定してあります。

仮に私が度忘れしていたとしても、マネックス証券の資金が尽きない限り、毎月15日になると指定したインデックスファンドを自動で買い付けるというわけです。

20151215_2.png

注文約定一覧表に、きちんと今日の注文が記録されていました。

  • ニッセイTOPIXインデックス ・・・ 10,000円
  • ニッセイJリートインデックスF ・・・ 5,000円
  • eMAXIS 新興国株式インデックス ・・・ 5,000円
  • ニッセイ外国株式インデックス ・・・ 30,000円

購入先、資金配分も先月から変えていません。2016年前半までは不変とする予定ですが、後半からは変えるかもしれません。

日本の株価はそろそろ天井圏に突入の予感がしていますし、新興国株式インデックスは韓国の比重が高すぎる。

見直しは来年以降ゆっくりやるとして、自動積立という投資法は本当に楽です。

  1. 入金する
  2. 投資対象&購入資金を決める
  3. 積み立て日を決める
  4. 設定する

で、あとはこちらからストップをかけない限り、毎月勝手にやってくれるのですから。

機械的なので、前後に何があろうと必ず積み立ててくれます。

今ですと、利上げというビッグイベントが控えています。

普通ならば様々な事を予想したり懸念をしてしまって、投資すべきか様子見とするか判断にとても迷うと思うのです。

その点自動積立ならば、本人がどう思おうが問答無用で積み立ててくれるので、迷う余地はありません。

インデックスなので一山狙うことはできないのですが、簡単に気軽にできてしまうこの投資法は気に入っています。

もっとも、もっとデカイのを当てたい、或いは相場を読み切るのに自信がある、というのであれば、インデックスの自動積立は不要だと思います。インデックスファンドに回すお金がもったいないですしね。

私はまだそこまでに至っていないので、資金の一部をインデックス投資に回して平均点を狙おうという戦法を選択しました。

繰り返しとなりますが、市場の動向に気を配らずに機械的に積み立てるのは本当に楽です。それでいて市場に参加しているわけですから、当事者として世界経済の様子を見ることができます。

投資初心者の方に胸を張っておすすめできる投資法と断言できます。

 - 実トレード