81年生まれが投資による資産運用を真剣に考える

一個人投資家の資産運用実践記。月1で資産状況公開中。目標額は大きく1億円!

*

マネックスで米国株用資金をNISA口座に割り当ててみた

      2016/03/09

米ドル/円の為替もすっかり落ち着いてきた今日この頃。

そろそろ今年のNISA残り利用枠20万円分をドルに変えてもいいタイミングかなと思えてきました。

予定通り、残り20万円で海外ETFを購入します。

購入に当たり、前もって資金をNISA口座に割り当てておかないといけません。

善は急げという言葉通り、さっそくマネックス証券にログインして今日割り当ててきました!!

いくつか手順を踏まなければいかないので、正直かなり結構戸惑いました。。

備忘録もかねて、NISA口座で米国株を買えるようになるまでの手順を以下に記します。

NISAで米国株の購入を検討している方の参考になれば幸いです。

※前提として、マネックス証券の総合口座、NISA口座、外国株取引口座が開設済みである必要があります。

1. 外国株取引口座に入金する

まずは外国株取引口座にお金を入れます。 米国株取引ページの右真ん中くらいにある、「外国株取引口座へ入金 」をクリック。

20151126_0

(正直分かりづらい!なんとかならんものか・・・)

20151126_1.png

MRF・お預り金 → 外国株取引口座 を選択し、次へボタンを押下。

20151126_2.png

入金したい金額である、振替額を入力後、次へボタンを押下。

(私の場合はNISA枠の20万円とオマケの2万円の計22万円) 当然ながら総合口座にある分以上は入金できません。

20151126_3.png 振替額に誤りが無いか確認したら、実行ボタンを押下。

20151126_4.png 振替完了の画面が表示されます。

以上で外国株取引口座への入金が完了しました。

この口座にあるお金をドル交換することによって、米国株購入用の資金となるわけですね。

NISA用資金の割り当ても、この口座から行います。

(中国株を購入したい場合も、同様にこの口座から香港ドルに交換します。)

いよいよ、日本円を米ドルに交換してNISA口座に割り当てます!

2. NISA口座に資金を割り当てる

振替完了画面の、「外国株取引サイトへログイン」を押下します。

20151126_5.png

外国株取引画面が表示されます。この時点で米国株の買付可能額は0ですが、ドル交換していないので当然ですね。

中国株の方は何故か香港ドル+円になっているので、香港ドル交換していなくても金額が出ています。理由はわかりません。。

この画面の「非課税口座へ資金を割当」をクリックします。

20151126_6.png

非課税口座割当額入力画面が表示されます。

非課税口座枠が、今年NISAで使える残り金額になります。

うれしいことにドルで計算してくれています♪

私の場合、今年1617.86ドルまで使えることになりますね。

買付可能額が現時点で米国株を購入できるお金、非課税口座割当額がNISA口座に割り当てられたお金で、まだ何もしていないので双方とも0です。

非課税口座割当の入力欄に、割り当てたい金額を米ドルで入力します。

小数点以下切り捨てで1617ドルを割り当てることにします。

20151126_7.png

すると、取引パスワードが求められました。

最初にご紹介した、米国株取引ページの「外国株取引口座へ入金 」リンクの下に「取引口座情報(取引パスワード) 」があるはずですので、これをクリックします。

リンク先に「初期取引パスワード」があるはずです。これを入力すればOKです。

パスワード入力後、実行ボタンを押下します。

20151126_8.png

割り当て受付画面が表示されました。

これでNISA口座への割り当て完了です。

20151126_9.png

もう一度非課税口座割当額入力画面を見てみると、先ほどは0だった非課税口座割当額が1617ドルになっています!

ちゃんとNISA口座に割り当たっていることが分かりますね。

3. 円からドルに為替振替をする

最後に為替振替、つまり日本円から米ドルに交換する必要があります。

20151126_10_kai.png

画面上部に為替振替タブがあります。これをクリックし、さらに米ドル列の円貨から外貨の振替ボタンを押下します。

20151126_11.png

どれくらい交換するか、日本円で入力します。

私の場合、NISA残り枠の20万 + オマケの1万 の計21万を米ドルに交換します。

20151126_12.png

確認画面です。

ドル換算で、どれくらいになるかも表示されます。

21万で1710.09ドルになる見込み、とのことですね!NISA枠が1617ドルの割り当てなのでこれで十分です。

注意事項として、あくまでもこれは参考レートということです。 注意事項をみると、

国内営業日の15:00~24:00および国内非営業日の振替指示 : 翌国内営業日の14:30~15:00に当社が定める為替レート(TTS)で振替

とあります。今は時間外なので、翌営業日の14:30~15:00のマネックスが定める為替レートが正式なレートとなります。

ドル高にふれてしまったら、20万ちょうどではNISA枠1617ドルに届かないかもしれません。

なので、1万円分オマケで米ドル交換します。

内容を確認の上、問題なければ実行ボタンを押します。

20151126_13.png

為替振替の注文完了です。

約定は、翌営業日の15時です。

(注文が14:30以前なら同営業日の15時)

21時頃に割り当てたので、実際に米国株を買えるのは翌営業日以降になるということですね。

割り当て完了!

以上をもって、翌営業日以降はいつでもNISAで米国株が買えるようになりました。頃合いを見計らって購入しようと思います。

ここまで長々とお付き合いいただき、ありがとうございました。

やることは外国株用口座にお金を入れて、NISA枠に割り当て、為替振替をするだけと言葉にすると単純そうですが、初めてだとかなりややこしく感じるでしょう。

私と同じく、初めて米国株をNISAで購入しようとしている方の参考になればと思います。

 - 米国株_NISA