81年生まれが投資による資産運用を真剣に考える

一個人投資家の資産運用実践記。月1で資産状況公開中。目標額は大きく1億円!

*

スターウォーズを4DXで見てきました!ディズニー作となっても変わらない

   

遅ればせながら、今日「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」を鑑賞しました。

本当は去年見に行きたかったのですが、体調を崩して見に行けず、今年の今になってようやく見に行くことができました。

ジョージ・ルーカス監督の手から離れてディズニー作品となったことから、今までのシリーズと違った趣になってしまうのではないかと、見に行く前は正直少々心配でした。

最近の映画では「4DX」なるものが誕生して、3D画面のみならず、映画のシーンに合わせて座席が揺れたり、水やにおいが出たりで、まるで映画の世界に飛び込んだと錯覚するほどの臨場感を体験できます。

その「4DX」で、スターウォーズを鑑賞しました。最初のシリーズ恒例のテロップの時点で臨場感がスゴイ。

全体的に期待以上に面白かったです!

さすがは名作の続編といったところです。

ディズニー作になることで違和感を感じるのではと若干心配していましたが、全く気にならずただの杞憂に終わりました。

ネタバレはしないつもりですので詳しくは語りませんが、旧シリーズを知らない人でも十分楽しめる作品に仕上がっていました。

もちろん旧シリーズファンならばより楽しめること請け合いです。

世間の評判は賛否両論のようですが、どんな作品にも批判の声はあるもので、それがスターウォーズのようなビッグタイトルならば尚更です。

少なくとも私は、4DXでいつもより高いお金を払って見に行った価値は十分にあったと感じています。

さて、この「スターウォーズ/フォースの覚醒」は米ウォルト・ディズニーがルーカスフィルム、およびスターウォーズの全権限を買いとって以降の、記念すべき第一作目となります。

ディズニーはエンターテイメントの帝王といえるような存在で、例えばミッキーマウスなどは知らない人などいない程の大人気キャラクターですね。

映画も近年は「アナと雪の女王」「ベイマックス」が大ヒットして、ディズニー映画の存在感は数年前と比べて増しつつあります。

そんなウォルト・ディズニーがスターウォーズという新しい商品を手にしたことで、その相乗効果でブランド力がさらに高まり、さらに進化して行く、つまりディズニーの将来は非常に明るいといえるでしょう。

よって米国株 The Walt Disney Company(DIS) は魅力のある銘柄だと考えています。

しかしながら、配当利回りが約1.5%と少々低めなのが惜しいところです。あと1%高ければ本気で購入を検討していたのに。

最後は投資の話となってしまいましたが、スターウォーズはやはり最高、早くも続編が楽しみです!!

 - 雑記