81年生まれが投資による資産運用を真剣に考える

一個人投資家の資産運用実践記。月1で資産状況公開中。目標額は大きく1億円!

*

ニッセイ外国株式インデックス、信託報酬引き下げ!どれくらい凄い?

      2016/01/30

インデックス投資家にとって、ビッグニュースです!

「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2014」で1位に選ばれた、あのニッセイ外国株式インデックスファンドの信託報酬が2015年11月21日から0.39%から0.24%(いずれも税抜)に引き下げられます!!

これは凄い!すごすぎる!!

ニッセイ外国株式インデックスファンドは、MSCIコクサイインデックスというアメリカ等の先進国で構成されるベンチマークに連動しています。

(参考)MSCIコクサイインデックスの国構成と業種構成

20151112_1.png

ご覧のとおり、圧倒的アメリカですね! さて、ニッセイ外国株式インデックスファンドの信託報酬0.24%って、どれくらいすごいのでしょうか?

MSCIコクサイインデックスに連動している主なファンドと、信託報酬(税抜)を並べてみましょう。

  • ニッセイ外国株式インデックスファンド :0.39%→0.24%
  • eMAXIS 先進国株式インデックス :0.60%
  • SMT グローバル株式インデックス・オープン :0.50%
  • MSCI インデックス・セレクト・ファンド コクサイ・ポートフォリオ:0.90%
  • i-mizuho先進国株式インデックス :0.57%

はい、圧勝ですね。引き下げ前の0.39%でも他を寄せ付けないのに、さらに値下げをするなんて。

他の並み居るライバルたちの存在意義が怪しくなってしまいますね。

一体ニッセイは何と戦っているのでしょうか?

さておき、我々個人投資家にとっては信託報酬引き下げは朗報です。

私は現在100万円ほど、ニッセイ外国株式インデックスに投資しています。

仮に今後毎年30万、10年間投資するとして、今回の信託報酬変更がどれほど影響があるかシミュレートしてみます。

信託報酬引下前 税抜0.39% → 税込0.4212% 信託報酬引下後 税抜0.24% → 税込0.2592% として、10年間、基準価額が変動せず、中途売却もしないものとします。

20151112_2.png

その差額、10年後で44550円

あくまでも100万円から毎年30万という前提なので、さらに金額が大きかったり年数が長ければこれ以上の恩恵を受けることになりますね! うーん、素晴らしい!!

ちなみに「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2015」は現在投票受付中ですが、投票資格が2015年9月30日までにブログを開設しているブロガーのようで、本ブログは11月01日開始なので私に投票資格はありません(泣)

もしも私に投票権があるなら、間違いなくこのニッセイ外国株式インデックスファンドをセレクトします!

 - 投資信託