81年生まれが投資による資産運用を真剣に考える

一個人投資家の資産運用実践記。月1で資産状況公開中。目標額は大きく1億円!

*

相場なんて関係ない!毎月15日はインデックスファンド積立日

   

今日の日経平均は中々面白い動きをしました。

始値は前日比300円近くプラスの17,522.46円。

今日こそプラスで終われるかなと淡いを期待をしていたところ、みるみるうちに下がっていって、結局は前日比-93.84円の17,147.11円で取引終了。今日もマイナスです。

黒田日銀総裁が午後に追加緩和はしない見通しであると発表したそうですが、午前中から下降線を描いていたので、これは値動きとはあまり関係ないでしょう。

持ち上げておきながら、突き落す。今年は寄付から前日比マイナスばかりだったから、新しい負けパターンが誕生しましたね。

これで開幕から1勝8敗。

かなり盛大に下がったのに、反発はたったの1日だけ。

今の相場は普通じゃない。もう下降トレンドと考えてもいいかもしれません。

底が見えないこの状態で、取引はあまりしたくないのが心情です。(※)

※スイングトレードは別枠でやっています。下降相場でも空売りが上手く嵌れば利益を出すことができます。

ですが、15日は毎月のインデックスファンド積立日。私が直に操作しなくても、自動で注文することになっています。

20160115_1

今日もバッチリ注文してくれていました。

  • ニッセイ外国株式インデックス : 30,000円
  • ニッセイTOPIXインデックス : 10,000円
  • eMAXIS 新興国株式 : 5,000円
  • ニッセイJリートインデックスF : 5,000円

上昇、下降、持ち合いと相場にはトレンドがあるのですが、それとは関係なく機械的に積み立てられるのが、ドル・コスト平均法の強みです。

ドル・コスト平均法とは、一定間隔で決まった額を投入する投資法のこと。

一度ルールを作れば、あとは判断要らずの思考停止状態で取引ができるのはかなり楽です。仮に更に下がったとしても、ルールに従って取引をしたのだから諦めもつくというものです。

 

後数か月は、積立を続けようと思います。

しかし、ニッセイ外国株式インデックス以外の3ファンドに投資価値があるのか、正直疑問に感じています。

新興国株なんて無駄なのでは?日本株はもう頭打ちでは?など、色々と考えてしまいます。

いずれにせよ、自分が納得できる形で投資をしていきたいです。

 - 実トレード