81年生まれが投資による資産運用を真剣に考える

一個人投資家の資産運用実践記。月1で資産状況公開中。目標額は大きく1億円!

*

円急騰!絶好のドルの仕込み時か

   

行き過ぎた原油安であったり、中国経済の先行き不安であったりと、様々なマイナスファクターで2016年は混乱気味のスタートとなりました。

これで日経平均は大発会の4日から5日続落。年明けからの5日続落は戦後初の出来事とのことです。

米国株も昨晩かなり株価を下げました。

世界的な株安、原油安、そして人民元やドルまで下げている中、目立って急騰しているものがあります。

」です。

この日本通貨は安全資産と目されており、株価が下降すると逃避先として買われる傾向にあります。

「株価が下がる = 円高になる = ドル安になる」

上記の図式が出来上がるわけです。

1/4の段階で120円台であったドルが、今では118円台まで下落しています。1/7には一時期117円台にまでいきました。

118円台となったのは、直近では去年の10/16にまでさかのぼります。

ここ半年間、ドルはほぼ120円超で推移しており、それに比べると120円を割ると「円高ドル安」といえます。

 

私は長期的には円安ドル高に振れると考えています。

株安で困ったときの退避先の有力候補となっているように、円は実力以上に過大評価されている傾向にあります。

もしも円の信頼が崩れたとき、通貨としての価値が下がって強力な円安が進行するはずです。

さらに歯止めが効かないほどに円が暴落して、超円安となってしまったら俗にいう「ハイパーインフレ」が起きてしまうかもしれません。

そうした時に備えて、今のうちにドル建ての資産を徐々に増やしていこうと目論んでいます。

 

よって、この短期的な円高ドル安は歓迎です。

今年のNISA枠は全額ドル建ての海外ETFに使用します。

購入時期は1月か2月。去年は駆け込み購入してしまったので、今年は余裕をもって早めに購入します。

今回の円高はドルを仕込む絶好のチャンス。個人的な思いとして、しばらく円高トレンドが続いてくれるとうれしいです。

 - マーケット状況