81年生まれが投資による資産運用を真剣に考える

一個人投資家の資産運用実践記。月1で資産状況公開中。目標額は大きく1億円!

*

超一流の雑談力に登場した”投資の神様”

   

私は本が好きな方で、書店で目についた面白そうな本を衝動買いすることが良くあります。

最近は「超一流の雑談力」という本を読破しました。

1年以上前に刊行された本で前々から認識はしていましたが、今まで読んだことはありませんでした。

数週間前、たまたま書店で本書を見かけたので、コミュ力にあまり自信が無いしせっかくだから読んでみようと思い、購入をしました。

この「超一流の雑談力」で、思わぬ人物の名を目にすることとなったのです。

世界一の投資家が学生に伝えた「人生の財産」

各章の合間にあるコラムのうちの一つに、上記タイトルのものが掲載されていました。

世界一の投資家・・・そう、ウォーレン・バフェット氏のことです。

まさか雑談本でこの名を目にするとは!

雑談本でバフェット氏のエピソードが出てくるとは思いもせず、この名前を目にした時に心の中で驚きの声を上げてしまいました。

もしも一年前にこの本を読んでいたら、特に何も感じずスルーしたことでしょう。

 

コラムでは、バフェット氏が学生の「社会人一年目から経営陣に加わるにはどうすれば良いか」という質問に答えるエピソードを紹介しています。

学生からの問いに対する、バフェット氏の回答は以下のものです。

一つ知っておいてもらいたいのですが、才能を持った人はどこにいても非常に目立つものです。

(中略)

その人のふるまいが、そう感じさせるのです。

話し方は、人生において重要な財産となります。

苦手な人は少し時間がかかるかもしれませんが、訓練して、人前で楽な気分で話せるようになるといいでしょう。

人前で話すのが恥ずかしいというのは、大きな弱点になります。

話し方は、大事な技術です。

話し方は、人生において重要な財産である、と。

話し方は、大事な技術である、と。

うーむ、さすがは投資の神様、バフェット氏です。

投資能力だけでなく、人としての器の大きさまでこの回答から伝わってきます。

一家言を持つとはまさにこのことでしょう。

このくだりを読んだだけでも、「超一流の雑談力」を購入した甲斐がありました。

Amazonのレビューを見ると、結構酷評も目立っていますが、総合的に良書であるには違いないと思います。

バフェット氏の金言「話し方は大事な技術であり、人生の財産である」を胸に、日々過ごしていきたいですね!

 - 雑記