81年生まれが投資による資産運用を真剣に考える

一個人投資家の資産運用実践記。月1で資産状況公開中。目標額は大きく1億円!

*

これもブログの醍醐味?不人気記事の立身出世物語

   

6月に入って、物凄い勢いで検索からのアクセスを増やしている記事があります。

大体ブログの記事は、新着のものが一番多く読まれるのですが、今週に入ってからは新着の記事よりも、そちらの方がたくさん読まれています。

今やこのブログの人気記事、スター記事と化しています。

ただし、最初から人気があった記事ではなく、注目を集めているのはつい最近のことです。

ブログをやって今月でようやく9か月目、こんなこともあるんだなぁと感動しています。

いま注目を集めている記事とは

イギリスのEU離脱問題がさらに円高を加速させる

冒頭のスター記事が、コイツです。

googleで「EU離脱 円高」とかで検索して、この記事にたどり着く方がかなりいらっしゃいます。

この記事の投稿日は3/24、それから一言一句訂正しておりません。

改めて読み返してみると、1分前後で読めるボリュームながら、言いたいことをコンパクトに簡潔に主張している、なかなかいい出来栄えの記事であると評価しています。(自画自賛!)

内容はそれほど深いものではないとは思うのですが、google先生から一定の評価をいただいたみたいで、EU離脱と円高を組み合わせると上位に表示されるみたいです。

いや、たとえ離脱はしなくても、市場が徐々にそれを織り込んで、これからジワジワと円高へ向かうこともありえます。

しかも、3月に書いた内容にもかかわらず、今の状況をそっくり言い当てている!

まるで予言!今の仕事辞めて予言者に転職しようかな~。

最初は不人気記事だった

今でこそたくさんの検索流入があるものの、投稿した当初の反応は鈍く、アクセスがあったのは最初の1~3日ぐらいで、以後2か月近く、殆どアクセスがありませんでした。

ポツリポツリとアクセスが増えてきたのが、5/15前後のことです。

それから6/5ぐらいまで、まずまずの人たちが見てくれました。でも、その時点では大したアクセス数ではありませんでした。

爆発的にアクセスが増えたのが、6/6からです。

6/6といえば、6/3の米雇用統計の驚きの数字で一気に円高に進んだ後の、最初の営業日です。

そこから、アクセスが指数関数的に急上昇しており、現在進行形でたくさんの方がご覧になってくれています。

これは、6/6から世間が本格的にEU離脱問題に関心を持ち出した証拠である、と言えるのではないでしょうか。

事実、株式市場も6/6から今日まで一方的な下降トレンドとなっています。(厳密には6/6~6/8は小幅上昇した)

 

グラフで見ると、凄い勢いでアクセスが増えているのが一目瞭然で、本当はGoogle Analyticsのキャプチャを貼りたいのですが、どうも規約違反となるみたいなので、文字だけでご容赦ください。

このアクセス数の急上昇は、さながら「不人気記事の立身出世物語」みたいです。

ブログは世間の関心事が分かるから面白い

このようにブログをやっていると、世間が今、何に対して強く興味をもっているのか把握できる場合があります。

このEU離脱記事のように、イギリス国民投票まで日がある3月の段階ではさほど関心がなくても、投票日が近付いて日本経済に円高株安という形で影響を与えるようになれば、世間一般共通の関心事になりえます。

この記事も投票日の6/23を過ぎればその役割を終えることになり、過疎記事に逆戻りになるでしょう。

何事にも栄枯盛衰はつきものですが、ブログ記事にもそういうものがあるのだと、この記事で認識することができました。

ブログって、面白いです。

 - ブログ運営