81年生まれが投資による資産運用を真剣に考える

一個人投資家の資産運用実践記。月1で資産状況公開中。目標額は大きく1億円!

*

冷水をぶっかけられた日本株式市場

      2016/06/12

Cool

日経平均が冴えません。

今週、月曜日の16,373円から始まった日経平均株価は、金曜日の今日の終値16,601円と、やや上昇はしました。

とはいえ流動性に乏しく、薄商いの心肺停止に近い状態です。

うーん、私の思い描いたシナリオでは、日経平均17500~18000を目指して上昇するものと信じていたのですが、これはもう撤回したほうがよさそうです。

やっぱり1週間前の夜に起こったあの出来事が、株価上昇の水を差したのだと思います。

想定外の米雇用統計

前回記事にしたとおり、ちょうど一週間前、6/3の深夜に発表された米雇用統計は、市場予測と大きくかい離していました。

市場予測が16.4万人、実測値が3.8万人です。

この結果を受けて、アメリカ経済は回復が十分でないと判断され、6月の利上げはほぼ無くなったと市場が受け取り、大きくドル安円高に傾きました。

6/3の日中はドル円109円だったのが、およそ106.5円にまで円高が進みました。

円高は株安とセットなので、日経平均先物も300円ほど下落をしました。

薄商いながらもジワリと株価が上がっていたのが、雇用統計によって水を差されてしまった。

これが6/3から現在の日本株式市場だと、私は考えています。

しかも、今現在(6/10 23時)、NYダウは150ドルほどマイナス、日経先物も250円ほどマイナスと、日米同時株安中です。

もしかすると、イギリスのEU離脱を市場が織り込み始めたのかもしれません。。。

 

私は日経平均ブル2倍ETF(1579)を保有中なのですが、もう手仕舞った方が良いかもとぼんやり考えています。

とはいえ。

PER14で日経平均16,781円だから、今の日経平均はPER14を切っていることになります。

PERを基準に考えると、やはり後少しは株価が上がってもおかしくありません。

まだワンチャン残っていると、もう少し様子を見るのもありだとも思っています。

手仕舞うか、ホールドか。

迷いますが、日曜日までに決めてアクションしたいと思います。

2016/06/12 追記

日曜日の今日、処遇を決めました。

損切りラインを設置して、それを下回れば売るようにしました。

 - マーケット状況