81年生まれが投資による資産運用を真剣に考える

一個人投資家の資産運用実践記。月1で資産状況公開中。目標額は大きく1億円!

*

ヒラリー氏がインデックスファンドに投資していた件

   

アメリカの大統領選はヒラリー・クリントン氏とドラルド・トランプ氏の一騎打ちとなりそうです。

その両者が公開している資産を紹介・比較している記事がブルームバーグに掲載されました。

クリントン氏お好みはインデックス投資-トランプ氏より保守的か

ヒラリー氏がインデックス投資していたのは初耳です。

しかし、何だかタイトルに違和感を覚えるのは私だけでしょうか?

ヒラリー、トランプ両氏の投資先

上記ブルームバーグ記事によると、ヒラリー氏とトランプ氏の投資先は以下の通りとのことです。

  • ヒラリー氏:バンガード500インデックス・ファンド
  • トランプ氏:オブシディアン(ヘッジファンド)

バンガード500インデックス・ファンド(Vanguard 500 Index Fund)はS&P500に連動する投資信託で、ティッカーシンボルはVFINX。

どうやら日本の証券会社では取り扱っていないみたいです。

日本ではバンガード社のS&P500インデックス商品として、投資信託のVFINXではなく、ETFであるVOOの方がなじみ深いかもしれません。

私もNISA口座を使って投資しています。

トランプ氏のオブシディアン(Obsidian)は様々な債券へ投資しているヘッジファンドのようですが、詳しくは良く知りません。

この両者の投資先の違いから、リスクを大きく取っているトランプ氏に比べ、ヒラリー氏は”保守的”であると評しています。

ヒラリー氏の投資は合理的だ

ここからは私の私見です。

ヒラリー氏の投資元本は500万ドル~2500万ドルと、通常の人は中々手にする事がない大金になります。

昨年5月の資産公開によると、クリントン氏は夫のビル・クリントン元大統領と共に2014年と15年初めに3000万ドル(約32億6700万円)以上の講演料を稼ぎ、手数料0.05%のバンガード・ファンド(運用資産額1850億ドル)に500万ドルから2500万ドルを投資した。

(ブルームバーグより引用)

そんな莫大な資産を持っていれば、わざわざ不必要にリスクを冒すまでもなく、安全性の高くて高確率で資産を増やせるS&P500インデックスに投資をするだけで十分です。

私の愛読書のひとつ、「敗者のゲーム」ではインデックスファンドの有用性について分かりやすく述べていますが、この中で言及している”インデックス”とは、アメリカで最もメジャーなS&P500だと認識しています。

S&P500の毎年の平均リターンは約7~8%と言われています。

投資元本が2500万ドルなら、「バンガード500インデックス・ファンド」に投資しているだけで、毎年200万ドル近くのリターンを得られる計算になります。

記事のタイトルでは”保守的”と表現されていますが、殆どリスクを負うことなく、これほどのリターンを得られるS&P500インデックスへの投資は、とても”合理的”であると思います。

自分にも、S&P500インデックス一本でも経済的自由が得られる元本があればいいのですが・・・。

 - 投資信託