81年生まれが投資による資産運用を真剣に考える

一個人投資家の資産運用実践記。月1で資産状況公開中。目標額は大きく1億円!

*

まるでデジャブ!三菱自動車またも株価急落!!

   

4/20の燃費試験の不正が発覚して以来、株価急落していた三菱自動車(7211)なのですが、またも強力な材料が飛び出てしまい、本日14時頃にさらにガクンと株価が下がってしまいました。

なんと、25年も前の1991年から不適切な燃費試験を行っていたというのです。

20160426_1

20日時点の発表では燃費試験不正は2002年から行っていたとされていました。

さらなる調査により、実はそれよりも11年前の1991年から不正をしていたというのです。

対象となる車種は現時点で明らかにされておらず、中には生産終了となった車両もあるとのこと。

 

この報道を受けて三菱自の株価は急落して、前日比46円安の434円が今日の終値となりました。

前回の三菱自の記事に株価チャートを添付したのですが、今日(4/26)の株価チャートの形は4/20とほぼ同じです。これがデジャブというものでしょうか。

ちなみにですが、燃費試験不正が明らかになる前の、4/20の始値は872円でした。

わずか5営業日で三菱自動車の株価は1/2になってしまったのですね。

まさに暴落!!

三菱自の株主はいたたまれないでしょう・・・。もしかしたら東芝のように株主による裁判沙汰に発展するかもしれません。

逆に、短期のスイングトレードで三菱自を選んで空売りを仕込んでいた等、不正発覚前に空売りをしていて今日まで決済せずにいたら、ほぼ倍の利益を得られることになります。

まあ、そんな上手い話は早々あるものではありませんね。

余談ですが、私は今月、三菱自をスイングトレードの信用買い候補に入れており、指値注文まで仕込んだことがありました。

そのときは(今となっては運よく)約定しなかったものの、買い建玉を持ったまま4/20を迎えていたらどんな損害を受けただろうかと、想像するだけでゾっとします。

 

三菱自動車に関するニュースはこれで材料出尽くしとは到底思えず、これからもいろいろ動きがありそうです。

このような一大スキャンダルが発覚した場合、株価はどのような値動きをするのか注意深く見守っていきます。

 - 国内株