81年生まれが投資による資産運用を真剣に考える

一個人投資家の資産運用実践記。月1で資産状況公開中。目標額は大きく1億円!

*

日経平均17000円台キープ!200日移動平均線超えは吉兆!?

   

昨日の深夜、ドル円為替が103円台から101円台まで大幅に円高に進展しました。

これにともない、日経平均先物も下落、1,7000円を超えていたのが、16,900円近くまでになりました。

日経平均株価はこの16,900円近くから、今日は始まりました。

が、大引けでは17,012円と、17,000円台のキープに成功しました。

やはり今は、買いの力・・・上昇する力が強そうだな、と感じています。

17,000円は200日移動平均線!

20160907_1

なぜ17,000円台をキープすることで、買いの力が強いと判断するのか?

それは、200日移動平均線がちょうど17,000円前後にあるからです。

200日移動平均線(以下200日線)とは、過去200営業日の終値の平均を結んだ線のことです。

上図の青い線が200日線になります。

200日というのは営業日ベースだから、実質の期間はおよそ1年ということになります。

で、今年に入ってから、株価はこの200日線を中々超えることができませんでした。

それが、9/5に初めて日経平均の終値が200日線を超えたのです。

9/6、そして今日9/7と、日経平均の終値は200日線超えをキープしています。

今年一度も超えることができなかった200日線を、3営業日連続で上回ることに成功した。

これは、今後の日経平均の推移を占うに当たり、吉兆であると感じるのは私だけでしょうか?

特に今日なんか、前日から200円近く安く寄り付いたにも関わらず、日中盛り返して200日線を超えて終わったのです。

かなり強い買いの力が働いているな、と感じずにはいられません。

 

今月は、スイングは買い建玉しか持っていません。空売りは一切していません。

この勢いが続く限り、今月は強気で、ブルの立場で市場と相対しようと思います!

 - マーケット状況