81年生まれが投資による資産運用を真剣に考える

一個人投資家の資産運用実践記。月1で資産状況公開中。目標額は大きく1億円!

*

利上げは早くて9月、これを逃すと12月か

   

先週の金曜日に行われた、ジャクソンホールにおけるイエレンFRB議長の講演により、NYダウは前日比ー0.29%下落し、ドル円為替は101.8円まで円安が進み、日経先物は+219円と、各指標が大幅に動くことになりました。

イエレン議長が利上げに積極的であると、市場は受け取ったようです。

近々利上げが行われるとしたら、いつになるでしょうか?

9月が妥当?

イエレン議長は、ジャクソンホール講演で以下のように発言したようです。

引き続き堅調な労働市場や、アメリカ経済の先行き、そしてインフレ率を考えれば、ここ数ヶ月で利上げへの状況は整いつつあると言える。

雇用と物価をわれわれの目標に対して維持してゆくためには政策金利を徐々に上昇させてゆくことが妥当であると引き続き考える。

つまりは、利上げがボチボチできそうなほどアメリカ経済は回復しているし、そうするべきだ、と言っているのですね。

ですが、肝心の利上げ時期には触れることはありませんでした。

 

果たして、利上げはいつ?

私の個人的な予想では、最速で9月だと思われます。

Brexitショックの影響は思ったほどでもなく、世界経済は落ち着きを取り戻しています。

NYダウは依然高値圏でアメリカ経済は堅調。2015年12月の利上げ以降若干元気がなかった新興国も、今はまた活発になりつつあります。

世界経済は順調そのもの、逆に今やらなければいつやるの?って感じでしょう。

であるなら、順風満帆である今のうちにとっとと利上げをやってしまった方が良いと考えるのではないでしょうか。

これから重要になるのが、9月に発表される8月米雇用統計で、この数字が悪く無ければ9月利上げの可能性は跳ね上がると見ています。

 

逆に9月に利上げしなかった場合は、いつになるでしょうか?

そうなったら12月までずれ込む可能性が高いでしょう。

11月は大統領選で相場は荒れそうです。

大統領選から落ち着きを取り戻す、12月が次の利上げポイントであると予想しています。

 

利上げをしたら、米国株は高確率で下落します。

米国株購入タイミングは今後難しいものになるかと思いますが、市場の様子を見ながら売買していこうと思います。

 - マーケット状況