81年生まれが投資による資産運用を真剣に考える

一個人投資家の資産運用実践記。月1で資産状況公開中。目標額は大きく1億円!

*

はてながマザーズ上場!Miiverse次第で面白いかも

   

はてなブログや、はてなブックマーク、人力検索はてな、そしてMiiverse開発で有名な株式会社はてながマザーズに上場予定です。

ブックビルディング期間が2月8~15日、上場日予定日は2月24日とのことです。

今日のyahooニュースの記事で知り、久々にIPOで興味が持てる会社が出てきて、今年もブックビルディングに参加する気分になりました。

過去にロゼッタという会社のブックビルディングに申し込みましたが、当然のように落選しました。

この経験から、IPO当選は至難の業と感じ、よほど食指の動く企業でなければIPOの参加はしないよう決めていました。

そこではてな上場の記事を目にし、これは参加しても面白いかもしれないと思ったわけです。

興味を持ったところで、はてなを分析してみましょう。

はてな分析

もうすでにマネックス証券にIPOの目論見書がアップされていました。

軽く目を通した内容をまとめてみます。

売上高

  • 平成25年7月:900,101千円
  • 平成26年7月:884,062千円
  • 平成27年7月:1,094,577千円
  • 平成27年10月:415,590千円

平成25年から27年の3年間は、それほど目立った成長は見せていないようです。

よく言えば安定、悪く言えば停滞といったところでしょうか。

ただ、注目は第1四半期である27年10月の時点で、去年の半分近くも売り上げを稼いでいるということ。

単純計算すると、この4倍である約16億円が平成28年7月の売上高になります。

事業拡大のための上場とのことなので、来年以降もさらに売り上げが伸びていき、企業も順調に成長する可能性は十分です。

経常利益

  • 平成25年7月:93,148千円
  • 平成26年7月:91,842千円
  • 平成27年7月:164,914千円
  • 平成27年10月:124,388千円

売上高は26年から27年であまり伸びていないにも関わらず、経常利益は爆発的に上昇しています。

原因はわかりませんが、利益が伸びることで設備投資に回すことが可能となり、事業拡大によってさらに利益が増える、企業として理想的なサイクルで会社運営ができます。

自己資本比率

  • 平成27年7月:73.1%

これは直近の27年のみで良いでしょう。高い自己資本比率を誇っています。財務状況は健全といえるでしょう。

事業内容

以下の3本が柱です。

  1. コンテンツマーケティングサービス
  2. コンテンツプラットフォームサービス
  3. テクノロジーソリューションサービス

1.は、企業向けのはてなMediaが代表的です。記事コンテンツの管理やSEO対策をサービスとして提供しています。

2.は、はてなブログProが主となります。ProはSEOに強いらしく、ブロガーからの評判も良好らしいです。

3. が、任天堂からMiiverse受託開発やビッグデータサービスの提供となります。

この3本は、どれかに売上が偏っているわけではなく、ほぼ同じ販売高となっています。

そして、任天堂からの受託案件の売上が、平成27年度で全体の27.3%も占めています。

グーグルからの取引もあり、これも全体の21.5%とかなりのウェイトを占めています。

この数字から、はてなにとってMiiverseはまさにメイン収入源といえます。

はてなの成長の可能性

任天堂はDeNAと提携してスマホ向けのアプリ開発を進めています。

WiiUや3DSで主に使われているMiiverseが、スマホによってさらにメジャーになるのかもしれません。

そうすると、はてなの取り分も大きくなって、会社もさらに潤って成長する可能性があります。

上記のとおり、はてなにとって任天堂は上客です。

もちろん他の部門も成長の余地は十分でしょうが、Miiverse次第で市場の予想以上に化ける可能性があるのではないでしょうか。

 - IPO