81年生まれが投資による資産運用を真剣に考える

一個人投資家の資産運用実践記。月1で資産状況公開中。目標額は大きく1億円!

*

資産状況 2016年11月

   

今日は本ブログ恒例イベント、月初の資産公開日とします。

11月に入ってめっきりと寒くなってきました。中には12月並の気温の日もあり、体調管理には気を付けたい所です。もちろん、資産管理にも留意するつもりです。

10月は穏やかな月でしたが、私の各資産の推移も穏やかなものとなりました。

2016年11月3日時点の資産状況

分類 評価額(円)  前月比(円) 前月比(%)
 国内株:個別株 2,903,900 -282,500 -8.87
 米国株:個別株 3,301,128 331,806 11.17
 米国株:ETF 782,298 6,733 0.87
 インデックス投信:国内株 633,756 21,147 3.45
 インデックス投信:先進国株 1,272,062 39,581 3.21
 インデックス投信:新興国株 196,435 3,732 1.94
 インデックス投信:国内REIT 86,682 -2,434 -2.73
 毎月分配型投信 1,014,060 -65,670 -6.08
 現金 11,621,770 161,689 1.41
 その他 34,111 -409 -1.18
 合計 21,846,202 213,675 0.99

※参考:前月の資産状況

感想

合計で前月比0.99%プラスです。

可もなく不可もなくといった所です。

長期投資前提であれば、これぐらいの推移がちょうどいいかもしれませんね。

ただ、私の場合は国内株で中短期投資をやっているので、欲を言えばもう少しリターンが欲しかった所です。

国内株:個別株

東電株を売却しました。

新潟知事選で原発再稼働慎重派の米山氏が当選したことにより、一日で33円も下落しました。

この影響であらかじめセットしておいた損切りラインに到達し、売却されてしまいました。

385,000円で売却したので、その分がまずマイナスなのですが、それを考慮すると10万ほど持ち株の含み益が増えたことになります。

明電舎のように決算が冴えない銘柄もありましたが、総合的に見るとやはり10月は国内株は好調だったのでしょう。

米国株:個別株

マクドナルド(MCD)を約15万円分購入しました。

2017年内まで、米国個別銘柄に月30万ほど投入予定ですが、10月は決算期ということもあり、MCDの購入のみにとどめました。

前月比約33万円プラスなので、既存銘柄の含み益が約18万円になりますか。

米国株の方は大して上がった印象は無いので、あまり実感がわきません。

米国株:ETF

今月も動きなし。

あと2か月弱の間に、NISA枠を消化したいのですが、2月以降タイミングがつかめません。

そろそろNISA枠の残りである約60万円分を追加購入したいところです。

インデックス投信

株式は国内・先進国・新興国全て調子が良かったようで、プラスになりました。

先進国株(ニッセイ外国株式インデックス)は、毎月3万円ずつ買い足しています。

国内REITは少々冴えなかったですが、今年の1月から6月くらいまで牽引してくれたので、調節があってもおかしくはないでしょう。

毎月分配型投信

ほぼ海外REITで構成される毎月分配型投信も、冴えませんでした。

毎月3万円ほど分配金でもらっていますが、それ以上の下落となりました。

評価額100万円を割るのも時間の問題でしょう。

2015年8月から、評価額は減り続ける一方です。

つくづく、最低最悪のタイミングで毎月分配型投信に手を出してしまったものです。

我慢するか、切るか、どうすべきか・・・。

現金

16万円ほど増えました。

2016年中に現金を7ケタにしようと考えていたのですが、今のペースでは厳しいかもしれません。

まあ、現金が手元にあると心に余裕ができるので、これまで通り焦らずに徐々に資金投入していきます。

総括

ちょうど1年前の2015年11月3日、初めてブログで資産公開に関する記事を書きました。

今見ると舞い上がった文章で結構恥ずかしいのですが(一年前の自分よ、若さゆえの過ちって何なんだよ・・・)、一年前の総資産を比べると100万円以上増えています。

現金は一年前よりもむしろ増えていて、国内株や国内債券・MMFを現金化し、米国株に振り分けたのが今の資産になっている形です。

こうやってきちんと記録が残っていると、どの資産が減ってどの資産が増えたのか一目瞭然ですね。

ブログをやってよかったと思える理由の一つです。

大荒れ模様の2016年の相場でしたが、資産を減らさずにここまで乗り切ってきました。

普通に貯金したほうがプラスになっていたかもですが、この一年で一個人投資家として色々良い経験をさせてもらいました。

11月は大統領選、きっと荒れることになるでしょう。

何が起きても騒がず冷静に、相場と向き合いたいです。

 - 資産状況