81年生まれが投資による資産運用を真剣に考える

一個人投資家の資産運用実践記。月1で資産状況公開中。目標額は大きく1億円!

*

資産状況 2016年9月

   

今日は本ブログ月初の恒例イベント、資産状況公開日とします。

8月は典型的な夏枯れ相場で、目立った動きは無かったのですが、8/26に行われたイエレンFRB議長のジャクソンホール講演から、徐々に潮目が変わりつつある気がします。

とはいえ、現在、為替や株価はまだ8月上旬と余り変わっていません。

さて、私の資産はどのように遷移したでしょうか。

2016年9月2日時点の資産状況

分類 評価額(円)  前月比(円) 前月比(%)
 国内株:個別株 2,865,300 889,850 45.05
 米国株:個別株 2,720,302 -9,621 -0.35
 米国株:ETF 797,307 6,253 0.79
 インデックス投信:国内株 616,550 18,818 3.15
 インデックス投信:先進国株 1,232,997 47,671 4.02
 インデックス投信:新興国株 192,768 4,061 2.15
 インデックス投信:国内債券 0 -1,275,136 -100.00
 インデックス投信:国内REIT 88,685 -655 -0.73
 毎月分配型投信 1,137,720 -41,810 -3.54
 現金 12,068,628 672,626 5.90
 その他 35,337 32 0.09
 合計 21,755,594 312,089 1.46

※参考:前月の資産状況

感想

全体的にプラスになっています。

8月はほぼ無風とはいえ、自分の資産ベースに考えれば、まずまずの月といえるでしょうか。

国内株:個別株

今月は東京電力HD[9501]と明電舎[6508]を新たに購入しました。

6月下旬に購入した野村HDと、東電HDの株価が急上昇しており、含み益も増えています。

結果、前月比+約89万と、大幅に資産が増えることとなりました。

8月はセラクという銘柄も現物で売買したのですが、今は全て手仕舞いです。無かったこととさせてください。

米国株:個別株

今月は購入無しです。

若干マイナスですが、パーセンテージにして前月比0.35%の差分しかありませんので、誤差の範囲内でしょう。

そろそろ危ないかもと思い、8月は静観をしていましたが、まだまだ株価下落の様子は見せません。

9月からまた購入再開です。

米国株:ETF

今月も購入無し。

こちらは個別株とは違い、プラスですね。

やはりS&P500インデックスって、すごいんだなぁ。

気が付けば今年も残り四か月です。

ETFはNISA枠で購入すると決めていますので、残り4か月以内に約60万円分購入する予定ではいますが、中々買う機会が訪れません。

インデックス投信

相変わらず毎月先進国株を3万円積み上げています。

株は国内・先進国・新興国いずれも若干上昇しています。

新興国は最近調子が良いと言われていても、大して上昇していないですね。国内株の方が伸びています。

国内債券インデックスは全て手放しました。

約6,5000円も利益を上げることができたので、大満足です。

毎月分配型投信

相変わらず特別分配金・・・タコ配を受け取っています。

その分がマイナスになっている感じですね。

特に大きな変化はありません。

現金

国内債券インデックス売却分に、東電HDと明電舎の株を購入した分を差し引いたのが、プラスになっている感じです。

ただ、今月はスイングトレードで10万円やられてしまったので、もしもトレードしていなければ、現金はもう10万円ほど増えていたはずです。

今月はドルを110万円分買いました。

現金のうち230万円をドルの状態で保有しています。

これが近い将来、全て米国株に向かうことになるでしょう。

総括

若干プラスとはいえ、8月はあまり動きの無い月になりました。

その中でも、日本個別株は大成功と言えるでしょう。

が、逆にスイングトレードは大失敗なので、ほぼプラマイゼロですね。世の中上手くできていると実感します。

9月以降は大きく動きそうな予感がしています。

引き続き、一プレイヤーとして相場と向き合っていきます。

 - 資産状況