81年生まれが投資による資産運用を真剣に考える

一個人投資家の資産運用実践記。月1で資産状況公開中。目標額は大きく1億円!

*

資産状況 2016年5月

      2016/05/19

みなさま、おまたせしました。

本ブログ名物(?)、資産状況公開日でございます。

昨年11月から月一で公開し続けてきて、今回で早7回目となります。

ブログ開始当初は、赤の他人の懐事情なんて見て面白いかなと少々怪しんでいましたが、アクセスは他のコンテンツに比べてかなり良好で、今では本ブログにおいて無くてはならないコンテンツであると確信しております。

前置きはこの辺にして、5月上旬のマイ資産状況をご覧ください!

2016年5月2日時点の資産状況

分類 評価額(円)  前月比(円) 前月比(%)
 国内株:個別株 1,423,900 -1,514,800 -51.55
 米国株:個別株 1,870,596 1,271,166 212.06
 米国株:ETF 786,111 -35,201 -4.29
 インデックス投信:国内株 596,619 -726 -0.12
 インデックス投信:先進国株 1,101,876 -14,686 -1.32
 インデックス投信:新興国株 184,711 -9,160 -4.72
 インデックス投信:国内債券 1,269,588 -1,333 -0.10
 インデックス投信:国内REIT 102,408 -157,859 -60.65
 毎月分配型投信 1,187,600 -93,620 -7.31
 現金 12,741,127 434,130 3.53
 その他 35,299 -1,947 -5.23
 合計 21,299,835 -124,036 -0.58

今月から、スイングトレード欄を削除しました。

私はライブスター証券の信用口座でスイングトレードを行っているのですが、ライブスター口座では現物個別株(今ではキヤノン)を購入しており、個別株分も証拠金として利用します。

万一ライブスター証券の現金の殆どを現物個別株とした場合に計算が面倒になるのと、スイングトレード勝敗は別コンテンツで明記してあり二重報告となることから、スイングトレード欄は資産状況では無くてもよいと判断しました。

感想

ほぼ全ての資産がマイナス、全滅状態です。とほほ・・・。

国内株:個別株

半分になっていますね。

これは大損したからではなく、現金化したからです。

東芝、セガサミー、ゲオ、シイエムシイ、KDDIを売却しています。

これら全部合わせても、多分140万くらいだから、保有中の銘柄の含み益が減ったor含み損が増えたことになります。

米国株:個別株

米国株に関して着々と取得を進めています。

ブログではアップルを買ったことしか報告していませんが、その他の銘柄も色々買いました。

今持っているのは、P&G(PG)、ファイザー(PFE)、アップル(AAPL)、ディズニー(DIS)、ボーイング(BA)、IBM(IBM)、コカ・コーラ(KO)の7銘柄です。

米国株はメジャーな銘柄のみに絞っています。

※2016/05/19追記 米国株保有状況を記事にしました。

米国株:ETF

売買なしです。

ドル安の影響でマイナスです。

インデックス投信

国内REITの一部を売却しました。

現在積み立てているのは先進国株のみです。

全体的に振るいません。

1、2月は絶好調だった国内債券までついにマイナスとなりました。

やはりドル安円高の影響でしょう。

毎月分配型投信

順調にマイナスです。

やっぱりドル安円高が大きいです。

毎月分配型を買ったのは昨年8月のお盆休み、チャイナショックの前。

保有して9か月くらいになりますが、一向に儲かる気配がありません。

ただ、毎月分配型というカテゴリーは関係なく、他の資産、例えば先進国株インデックスも同時期に買ったら同じように相当の含み損なので、単純に毎月分配型が悪いというわけではありません。

現金

国内株売却 + 国内REITインデックス売却 ー 米国株購入 でプラスになっています。

国内株も米国株も、それぞれ百万単位で買える態勢が整っています。

総括

ドル安のせいでほぼすべての資産がマイナスとなってしまいました。

今年に入ってから、どうも冴えません。

おそらくこれから数か月先、いや下手したら来年まで厳しい地合いが続くかもしれません。

そんな中でも粘り強く市場と向き合い、冷静に、時には大胆に投資判断を下していきたいです。

 - 資産状況